病理医の求人サイトランキング

病理医求人サイト TOP >> 職場別の病理医求人事情 >> がんセンター

がんセンター

がんセンターの病理医は病理科における様々な業務を行います。 病理や臨床検査科の適切な運営業務はもちろん各疾患それぞれに専門の病理医が配置されそれぞれの分野で病理診断を行います。 がんセンターには病理医人員がある程度確保され、それぞれのスタッフが個々に病理診断業務を行います

例えば、10人の病理医がいる場合、病理に関する適切な運営業務を仕切る病理医と病院専従と研究所、残りはがん専門の修錬医に所属し各部門で病理医診断業務に従事する形となります。 各がんセンターによって各病理医の有する専門資格は異なりますが、がんセンターの病理医は組織診断を行い細胞診断、病理解剖を行って臨床医に対する高い診断情報を提供する事となります。

がんセンターの病理医は診断に直結する事となる外科病理学的研究も積極的に行っていきますが、他医療施設との研究協力も積極的に行われている事が多いです。 そして、平成20年4月の政令で診療科の一つとして標榜する事ができるため病理診療科を開設しているセンターもあります。 がんセンターはもちろん、各医療施設の病理医は各施設の医療の向上に大変重要な役目を担うやりがいの高い仕事です。

がんセンターの病理医求人並びに医師求人は各センターの開設するWEBサイトより確認できますが、病理医求人に関する情報はあまり掲載されません。 更に一般の求人情報を利用し確認しても病理医求人は中々確保できませんので、病理医求人を探す際には医療分野に特化した転職エージェントの利用がお勧めです。

病理医はそもそも不足傾向の専門職ですが、それと同時に離職率の低い専門職でもあります。 更に女性にとっても時間拘束が比較的ないため働きやすく復帰しやすい環境となります。 もちろん業務内容により宅直するケースもありますが、基本的にQOLの高い病理医なので、それに伴い求人も中々見つけづらく出づらいです。 そのため、医療業界に特化する転職エージェントを利用する事で各転職エージェント独自に医療施設、機関とのつながりがあります。 ゆえに中々一般には見つける事の出来ない条件、待遇のいい病理医求人も保有し利用する事でそれを確保する事が出来ます。

病理医は環境が異なっても基本は病理診断、細胞診検査、病理解剖を行い疾患の事実を明らかにしつつ、治療方針や病気の良悪を明らかにします。 がんセンターも同様に各スタッフとの協力のもと病理診断を行い各施設の医療レベルの向上を務めます。 ただ、病理医求人は非常に見つけづらいため、病理医求人は各キャリアの求人を豊富に保有する転職エージェントの利用がお勧めです。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>病理医の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 病理医の求人サイトランキング All Rights Reserved.