病理医の求人サイトランキング

病理医求人サイト TOP >> 病理医求人の基礎 >> 病理医の勤務時間

病理医の勤務時間

病理医に対する必要性も以前より増していると同時に現在では病理医の業務も大幅に増加傾向です。 また、これには昨今の国民における医療の質の向上や臨床研修制度の改正等があげられます。 いずれにしても病理医は、未だ人員不足が深刻なため、今まで以上に業務が増えて必要性も高くなっているといえます。

なお且つそれと同時にCPCレポートの必須化や病理的再診断を含む事となるセカンドオピニオンの増加等の病理医を取り巻く医療制度が変化したせいで病理医には今まで以上の能力が必要とされています。 しかし実際国内の病理医は全く増えておらず、それどころか減少傾向であるため少ない人員でその幅広い業務をこなすという事はそれだけ勤務時間を要する事となります。

病理医とは非常に幅広い専門的知識を要する存在ですし、医療現場には不可欠な存在ですが、実際のところ病理専門医の数が増加していないため、少ない人員でその幅広い業務をこなさなくてはいけません。 病理専門医新規合格者数を見ても病理専門医合格者数は300人弱というのがここ何年かの流れなので、今後も病理医人口が増えなければ病理医一人ひとりの労働時間もそれだけ長い事が考えられます。

ただ、病理は患者さんと接する必要のない診療科です。 そのため、最近は時間を比較的自由に使える病理に女性医師の関心が高まり多くの女性医が病理の分野で活躍しています。 つまり病理というのは重要かつ大きな責任を担う仕事である一方、患者さんと接する機会がないため時間を自由に使えワークシェアリングができるということなのです。 確かに病理は医療現場に欠かせない存在で担う役目は非常に大きい。 しかし、病理医は患者さんと対面し治療もしくは手術をする必要はないため、その分時間を自由に使う事ができる。 それゆえに家庭との両立がしやすく最近は、女性を中心に活躍しているという事なのです。

このように病理医の勤務時間は自由に操る事が可能です。 確かに病理を取り巻く変化によって病理医の必要性や業務は増加しました。 けれども、病理特有の環境下からワークシェアリングが可能なので、勤務時間も家庭との調節をしながら行う事が出来るのです。 病理医は患者さんには知られないポジションに位置しており、患者さんに求められるポジションにいるわけではありません。 なので一見やりがいが感じられない仕事のように思えますが、病理医は病理診断を行う事により疾患の最終診断を明らかにする事が出来ますし、この診断で患者さん一人ひとりの治療方針を決定する事ができ患者さんを救う事ができる素晴らしさがあるのです。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>病理医の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 病理医の求人サイトランキング All Rights Reserved.