病理医の求人サイトランキング

病理医求人サイト TOP >> 病理医求人の基礎 >> 病理医への転科

病理医への転科

病理医への転科は条件を満たさない限り難しいと考えなくてはいけません。 そもそも病理医になるためには、病理専門医を目指す必要があります。 また、それには2年間の初期研修と4年間大学、病理学会認定施設での病理専門医教育を受ける必要があります。 もちろん、こうした条件を満たし既に病理医としての経験がある上で、今は別の診療科にいるので転科したいという場合はスキルを活かし転科する事ができるでしょう。 ですが、この条件を満たさず3年以上日本病理学会会員でない、もしくは死亡解剖資格を取得していないとなると転科はする事は出来ません

病理医になるためには病理専門医となるための経験を積む必要があります。 病理組織学的診断はおよそ5000例以上行う必要があり、術中迅速診断を40例以上行う必要もあります。 また細胞診経験症例数申告書は1000件以上こなしていなければいけません。 よって病理への転科はこうした条件を満たしている医師のみが転科出来る事となり、条件を満たさない場合は、病理を目指すにあたる認定施設での研修を行います。

つまり病理への転科を希望する場合、仮に外科医師としての経験等があっても病理専門医になる条件を満たしていなければ難しいという事になります。 もちろん病理医が違う病院へ転職する等は十分に考えられますが、病理医の経験が全くなく条件も満たさないとなれば、そこから病理医を目指すのは非常に難しいという事なのです。 しかし、実際に外科医から病理医に転科するケース、内科医から病理医に転科するケースもありますし、小児科医から病理医へ転科したケースもあります。

病理医を目指すためには、日本病理学会で日本の病理医に関する標準を満たす事が必要です。 よって、この日本病理学会の基準に満たなければ病理医へ転科する事は難しいのです。 病理医は通常、医師同様の研修課程を終了し、そこから5年以上の病理診断や病理解剖等を決められた基準こなす必要があります。 そして日本病理学会が行う専門医試験に合格しなければ病理医として認められません。 いずれにしても病理医への転科は、病理医になるための基準や条件を満たしていれば転科する事が可能ですし、この病理分野は女性も多く活躍している分野で、女性医師が再就職しやすくワークシェアリングしやすい分野であるとも言われています。

医師の転科は少なくありませんが、病理医への転科においては病理医になるための基準を満たす必要があります。

病理医求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>病理医の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 病理医の求人サイトランキング All Rights Reserved.